アトピー日記をつけてみよう

アトピー日記は治癒につながる王道です

体が反応しているアレルゲンを除去すること。
アトピー治療の最初のステップと考えます。
そのように気付いて生活を見直すと少しずつ治っていきます。

これは本当の話です!

最初から根本的な治癒とはいきませんが症状は激減します。
この段階でアトピー治療の希望が出てきます。
さて
子供は食べ物が原因になりやすいといわれます。
大人は環境やストレスなど食べ物以外が原因と言われます。

本当にそうでしょうか?

大人も子供と同様に食べ物が原因になっていることがあります。
食物アレルギーです。
大人になって突然発症するアトピーが食物アレルギーとは考えも及びません。
アトピーの原因は人それぞれに違います。
食べ物が原因?それとも環境なのか?
自分で見つけ出す必要があります。

アトピーは必ず原因があります。
原因を見つけるために
アトピー日記を書くことを強くお勧めします。

アトピー日記のつけ方

食べ物が原因かもしれないときは?
食事の内容を書いていきます。
環境が原因かもしれないときは?
天気、仕事、掃除状況、触れたもの、花粉飛散状況など
思い当たることを全て書き出します。
いつ痒くなるのか?も重要なポイントです。
私は朝起きた時に痒くなるので布団のダニが原因だと思いこんでいました。
しかし、原因は羽毛布団でした。
仕事で痒くなるなら、仕事で触れているものの中に原因があるかもしれません。

同時にアトピーの湿疹の程度も記録します。
特に痒くなっている部分も細かく書いておきましょう。
アレルゲンによって痒くなる場所が違うことに気が付きます。

原因を知ることが
アトピー治療の第一歩です。
日記をつけて希望をつかみましょう。

気長に探していきましょう

日記をつけていくと痒くなる食べ物が分かってきます。
1つ除くだけで劇的に改善することもあるでしょう。
1つ2つ除いたところで痒みが消えないかもしれません。
それでも諦めずに根気よく探してみてください。
食べ物によっては数週間痒みが残るものもあります。
食べないでいると少しずつ痒みが減っていくことに気が付きます。
見つけ出すには時間と努力は必要です。

油断して口にしたとしても
「やっぱり、これを食べると痒くなることが分かった」
と前向きに考えましょう。

また、几帳面に日記をつけることが苦手でも気になる食品があるならメモするか覚えておくだけでも後々気が付くことが出来ます。
私はこちらが性分に合っていました。
おかげで全て見つけ出すのに2年かかりました。

子供の場合はアレルギーになる食べ物を除くことは成長に必要な栄養も除くことになります。栄養指導のもと配慮が必要でしょう。しかし、大人は少々食べなくてもサプリや別の食べ物で補えます。アトピー症状が改善するなら「アレルゲンになる食べ物は一生食べなくてもいいや」と思うのは私だけではないと思います。
ですが、一生食べないのは良くないと言われます。少々のアレルゲンを取って慣れておく必要があるようです。

アレルゲンが分かったら”反応する量を知る”次のステップが重要です。

”アレルゲンをどれだけ摂取したら痒くなるのか”
知ることが大事

アトピー症状を消すには摂取しないことが優先されますが、まったく食べないようにするのも問題のようです。アナフィラキシーショックを起こすような危険なアレルギーは専門病院で慎重に減感作療法というものを行う必要があります。しかし、アトピーであれば一時的にかゆみが出るのを我慢すればよいと思います。アレルゲンをどれだけ食べれば症状が出るのか知ることは大事なことです。

私の例をあげてみます。牛乳はコップの半分程度。豚はスライスした切り身で3枚程度です。最近では豚骨ラーメンも食べることが出来るようになりました。ピーナッツやアーモンドは3粒程度なら問題ありません。卵は2つまで。生卵はダメです。コーヒーは1杯まで。しかし、インスタントや缶コーヒーはアウトです。チョコレートは少量でもアウトです。時々であれば揚げ物もOKですが連日は不可です。しかし、ファストフードのショートニングで揚げたポテト絶対に食べてはいけません。食べたら皮下に何か痒みのもとが貯まった感じがして抜けません。私の特異的な体質かもしれませんが、毛穴のない場所にニキビのような物が出来ます。毛穴がないので出ていくことはありません。何か月も治らないのです。何週間も同じ状態で痒くて無理に爪をたてて掻き出すと消しゴムの破片のようなものが出てきます。固まりが取れると炎症は消えますが、傷跡が残ります。菌が繁殖するニキビではないのでニキビ対策の石鹸やローションも効果がありません。ステロイドは効果がありますが、そもそもの物体が残っていると痒みは出続けます。ショートニングを食べた後悔は長く続くので、美味しいフライドポテトも食べることが出来ません。私にとってショートニングで揚げた食べ物は毒そのものです。一般に体に悪いと言われるものは食べなくてよいと思います。


アトピー性皮膚炎ランキング