きんもくせいが香るころから乾燥の季節

秋になって肌が乾燥してませんか?

季節の変わり目で肌が荒れる理由
6月から9月は平均湿度が高いですが10月から徐々に湿度が下がっていきます。乾燥してくると傷んだ角質がめくれあがってカサカサになります。優しく洗っても取れないのでゴシゴシと落としたくなります。それが乾燥を招くことは分かっているのですが止められません。痒いとさらに無意識にゴシゴシしたくなります。秋から冬にかけて肌荒れがひどくなる人が増える理由です。

アレルギーは弱っている所に症状が出る

例えば、喘息の人は気管支が弱いために喘息として出てくるそうです。スポーツをして気管支を鍛えると喘息がなおるという話を聞いたことがあります。また、乾布摩擦をするとアトピーが治るという本を読んだことがあります。アトピー性皮膚炎は掻いてはダメと言われるのも傷を作り皮膚が弱るからです。弱った皮膚の部分は慢性的に炎症が出ます。アレルギー反応と合わさった傷は治りが悪いです。掻き癖を直したらアトピーが治ったという本も読んだことがあります。
では?なぜ?現代人は皮膚が弱るのでしょうか?
それは私たち日本人の清潔な習慣にあります。

現代人は体を洗いすぎ

日本人の多くはお風呂に毎日入ります。シャワー浴だけで終わらせる人も多くなりました。昔は石鹸やボディーソープなんてありませんから皮脂は洗い流されませんでした。現代人は皮膚バリアが弱くなっています。洗いすぎのために弱くなった皮膚にアレルギー症状が出ると考えられます。アトピーだと言われていても入浴後の適切な保湿だけで治る人がいます。また、忙しくお風呂に入れなかった翌日はアトピー症状が和らぐ経験からも洗いすぎが原因と考えられます。とは言え、毎日お風呂に入らないと気持ち悪いです。毎日入る習慣を止めることは出来ません。

肌に優しいボディーソープでダメージケア

解決策として石鹸やボディーソープを変えることが1つです。下に紹介している”素あわ”は汚れを包み込んで角質を傷つけずに洗い流してくれます。深刻な肌荒れ対策で多くの人に支持されています。保湿成分はもちろん、研究のすえにプラスされた美肌成分が数種類入っています。肌の回復力を高めてくれます。また、アレルギーテストと2つの刺激テスト(皮膚一次刺激性、眼刺激性)に合格しています。


実際、私もナイロンタオルでゴシゴシ洗わないと気が済まなかったのですが、肌に優しいタオルとボディーソープを変えると入浴後のヒリヒリがなくなりました。

お風呂上り10分以内の保湿を

お風呂上り10分以内に保湿をすることで皮膚が吸収した水分を閉じ込めることが出来ます。
潤った状態が長く続きます。また、入浴後の水分補給も忘れないようにしたいですね。
体は生命に必要な血液循環を優先します。水分が足りないと皮膚は乾燥しやすくなります。


また、保湿剤が刺激になることもあります。せっかくの保湿剤が炎症の元になっているなんて悲しい体験は私だけで十分だと思っています。医師に処方してもらったアズノールも合わなければ炎症の原因になります。
私の失敗から言えますが肌荒れに良いとされる乳液や化粧水を炎症のひどい部分に塗ると悪化します。傷があると、刺激となった保湿剤を外敵とみなしてアレルゲンとして記憶されます。化粧水や乳液が2度と使えなくなるなんて思いはして欲しくありません。傷に保湿剤を塗らないこと、何よりも安心で刺激の少ないクリームを選ぶことが重要です。
一番安全なのは白色ワセリンです。傷にも使えます。伸びが悪くベタベタするのが難点です。
私はワセリンも使ってきましたがベタベタが大の苦手です。
私と同じようにベタベタ、テカテカが苦手な人に保湿クリームを紹介しておきます。
とはいえ、ワセリン以外は掻き傷には絶対に塗らないよう注意ください。
↓ ↓
乾燥や敏感肌でお悩みの方のための保湿クリーム【ADリッチクリーム】

選ばれる理由は3つあります。

1つ目はダチョウ卵黄から作った抗体が入っていることです。黄色ブドウ球菌が作り出す毒素は痒みのもとになります。この抗体は黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えてくれます。卵アレルギーの元になる卵白は入っていませんので安心です。

2つ目は無添加ポリシーなので子供から年配の方まで幅広く安心して使えることです。
主な有効成分は
・フルーツセラミドで皮膚内部の水分保持が期待できるユズ果実エキス。
・人の皮脂に似た成分で保湿を長時間持続させるシアバター。
・抗酸化力が強いと言われる若返りオイルのヒマワリ種子油。
・水分を抱え込む特徴があり水分の蒸発を防いでくれるオリーブ果実油。
・抗菌効果があり肌のキメを整えるカワラヨモギエキス。
・哺乳類や植物に含まれている成分で天然の保湿剤と呼ばれるスクワラン。

3つ目はエステのこだわりが生んだ、pHバランスと使い心地です。
乾燥した肌は角質の水分量が低く、健やかな肌では反応しない刺激にも過敏に反応してしまいます。ADリッチクリームは肌表面のpHバランスを整える働きを持ち、肌本来の弱酸性へと導きます。また使い心地にもこだわり、少量でもしっかりと伸びベタつきを抑えた保湿クリームです。


この保湿剤がアトピーに良いとされる理由は、黄色ブドウ球菌を抑えてくれることです。ステロイドを塗っても痒みが止まらない理由は黄色ブドウ球菌の毒素が原因です。それを解決するためにイソジンで消毒したりマキロンを使ったりする方法もありますが刺激が強く皮膚の再生を遅らせます。荒治療ではありますが、私も実際にやって即効性があります。そのような回りくどい方法を取らなくてもADリッチクリームはアトピーの痒みの原因を取りながら保湿してくれます。


アトピー性皮膚炎ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください