大人のアトピーになって約20年間。
皮膚科の先生が言う通りに治療を進めてきました。
皮膚科に行くとスキンケアーについて指摘されました。
「あなたは、セラミドが少ないのです。」
「保湿をしっかりしなさい。」
「外からの刺激を防ぐバリアを作りなさい。」
と言われました。
保湿をすることでガサガサの肌ではなくなりました。
ですが、皮膚の炎症はよくなりません。
痒いままです。

ステロイドを塗ると炎症は消えます。
しかし、塗っていない別の場所に出てくるのです。
ここに出たからと塗ると治る。他の所に出る。
モグラ叩きのようです。
飲み薬は最初はよく効きます。嘘のように炎症が引きます。
ところが三週間すると痒みが出てきます。
抑えつけられたマグマが爆発するようにです。
内服を飲めば飲むほど悪化していくように感じました。

医師が言う通りにしても治らないのです。
正しく内服とステロイドを使用しても効きません。
医者は「根気よく続けてください」と言うだけです。
内服も4種類を試しました。
どれも、最初は効果があり悪化する感じでした。
内服を止めると症状が少し改善しました。
アトピーが改善したわけではなく
最初に出ていたアトピー症状に落ち着いた感じです。
飲み薬を飲んでいる方が症状が悪化するのです。

薬が合わなかっただけと言われるとそれまでですが
この世界からアトピーがなくならない現状を見ると
内服薬は補助的なものと考えます。

それ以降はワセリンとアンテベート(ステロイド)のみ使用しています。
顔と体は常にアトピー症状が出ています。
本来はアンテベートは顔に使ってはいけません。
ですが、アンテベートでなければ痒みはなくなりません。
それほどアトピー症状はひどいものでした。
ところが
2017年の初めに豚肉アレルギーに気が付いて痒みが激減しました。
さらに、コーヒー、チョコレート、ピーナッツ、アーモンドを止めると顔の赤みが引きました。食べ物によって症状の出かたが違うことにも気がつきました。特に手指の小さい水疱はコーヒーを止めるとピタリとなくなりました。
私と同じように手の水疱が治らないのであれば、何か食べ物が原因にあるかもしれません。
さらに2018年の後半にはチーズを食べると悪化することに気がつきました。
最終的に乳製品アレルギーと結論づけて
アトピーは完治に向かっています。
その他にも
旅行に行くと痒みがなくなることが不思議でした。
羽毛のアレルギーがあることを知り
布団を変えることで痒みが減りました。

アトピーは改善しましたが
長年のアトピーの症状で顔と首周りの色素沈着も残っています。

アトピー治療に終止符が打てると希望が持てた切っ掛けはおみくじでした(笑)
2015年初夏に京都の曼殊院へ行きました。
おみくじを引くと大吉。
「病気 回復する」と書かれていました。
その時に
「諦めていたアトピーが治るかもしれない。」と思いました。
京都へよく出かけて寺社を回っていましたので
ご利益があったのかもしれません。
このブログに行き着いた方にもご利益がありますように。

私が書いているブログを読むことで大人アトピーを改善させるヒントが得られることと願っています。



アトピー性皮膚炎ランキング