布団と枕を防ダニ使用に

ダニはアトピーに影響するのか

ダニはアトピー性皮膚炎を悪化させます。掃除が行き届いていない場合はダニも大きなリスクと考えます。ただし、普通に掃除をしていれば問題はないと考えます。アトピーになると神経質になりがちです。徹底した掃除をしているのにアレルギーが改善しないようなら別の原因を疑うべきです。
私は幼いころからダニがアトピーに影響していると言われてきました。そのため、大人になってアトピーが再発したときにダニを徹底して退治するようになりました。布団は月一回丸洗いして乾燥をして布団乾燥機を毎日つけてダイソンで掃除をする。ベッドも週一で動かして隅々まで掃除をしています。それでもアトピーは改善しませんでした。
実家など普段掃除をしないところを掃除すると痒みが増すのでダニはアトピーを悪化させる要因で間違いないと思いますが、経験的に原因とまでは言い切れないでしょう。
それでもダニ対策はアトピーを悪化させないために欠かせないと思います。

パイプストロー素材はダニの温床です

パイプストロー素材の枕にダニが寄り付かないイメージです。ところが、頭のフケや落屑がパイプの静電気に引き寄せられます。特にストローの中にたまっています。洗ってもストローの中まできれいに流すことは出来ません。ダニの温床になっていることがあります。
安眠のためには枕選びは重要です。自分に合った枕を使用したいところです。枕の選択は自由で構いません。パイプストローが良いならそれでも良いです。しかしながら、枕カバーは下に案内しているディーガードを使った方がよいです。

ディガードとはダニを通さない素材です。さらにダニのエサになる皮脂や落屑も通しません。枕や布団の中でダニが繁殖しない環境を作ります。
掃除では難しい布団の奥に潜むダニを兵糧攻めにして駆除します。殺虫成分は一切ないので皮膚を刺激することはありません。

ディーガードの枕カバーはダニのエサとなる落屑やアカを通しません。枕の中でダニが繁殖出来ない環境が保てるわけです。呼吸からハウスダストを吸い込まないために頭や顔に密着する枕の防ダニ対策は必須です。ダニはベッドの頭の方に集まりやすい傾向があります。

布団の深部のダニは駆除できない。

残念ながら布団には必ずダニがいます。布団に掃除機をかけても表面のダニしか取れません。それでも毎日の掃除は大事です。ダニの糞や死骸を除くことでアレルギー症状は緩和されます。布団乾燥機をしてもダニは動きますので熱くならない部分に逃げていきます。ダニ対策で大事なのは布団の中にダニのエサになる落屑やアカを入れないことです。ダニが入っても増えることが出来ません。ディーガードはダニのエサを布団の中に侵入させない製品です。表面からのダニの侵入は出来ませんが、縫い目からダニが布団の中に入ったとしても繁殖出来ません。


生地表面からのダニ通過率0%の布団
超極細繊維を高密度に織り上げ、ダニなどが侵入せず、
衛生状態を保ってくれるので、赤ちゃんや肌の弱い方にも安心
5年間は無償で修理、交換できる保証付

【ディーガード】公式サイトはコチラ


アトピー性皮膚炎ランキング