アトピーとインスタントラーメン

インスタントラーメンを手放す

インスタントラーメンを食べると痒みが強くなります。インスタントラーメンはどれを食べても痒くなります。アトピーの人がインスタントラーメンを食べている姿をよく見かけます。一週間食べなければアトピーが治るわけではありませんが、食べないことで徐々に症状が和らぐことは間違いありません。腸内環境が良くなると考えることも出来ますが、添加物が沢山入っているので何が悪さをしているのか調べようがないのがインスタントラーメンです。全アトピー患者が食べてはいけない代物と思っています。

スナック菓子を手放す

スナック菓子はアトピーを悪化せていることは間違いありません。少しでも食べれば次の日に痒くなるからです。普通の人なら食べても問題にならなくても、アトピー症状があると痒みを起こさせる十分なダメージを与えます。お菓子は油で揚げていない物、作られて時間がたっていないものを食べてください。チョコレートもひとかけら程度なら良いですが、沢山食べることはアトピー症状を悪化させます。でも私はビスコ食べても痒くならないんです。自分が食べて大丈夫か痒くなるのか観察しておくことは大切なことです。

アトピーがあることは幸せなのかもしれません

どんなに食事に気を付けて治療を続けても重症化するアトピー性皮膚炎を持っている人は気の毒だと思います。ですが、私のように食事に気を付ける程度でアトピーが軽減する人にとっては強制的に食事を見直す切っ掛けになります。一食くらいインスタントラーメンで済ませても良いかな?と思うことは誰でもあると思います。そうした積み重ねが健康を損なっていきます。アトピー治療は一食一食が大切です。少しでも体に悪い物を取り入れると数日は痒みにさらされます。そうした日々は誘惑に負けて食べてしまった後悔です。「食べたら痒くなるぞ」と思うと我慢出来るものです。アトピーがなければ美味しいインスタントラーメン止めること出来なかったですね。


アトピー性皮膚炎ランキング

豚アレルギーになった原因

手荒れで食材に触れては危険!!

豚アレルギーのなった理由は豚カツ屋でのバイトです。20年以上前の話になります。豚の生肉にパン粉をつけて揚げていました。休みなく働いたので手荒れが続きました。揚げ油を使うので手袋は出来ません。その状態で豚を触ったことが豚アレルギーnになったと思います。ある日突然、半袖のユニホームの肌が露出している部分だけが真赤になりました。豚の生肉を触っただけでなく、悪化させた要因に油の湯気が関係していると思います。熱せられた油は酸化します。酸化した油が体によくないことは様々な本に書かれています。そのような環境で毎日16時間過ごしていたのですから体に良いわけもなく、若いとはいえ働きすぎて疲労の蓄積もあったでしょう。

20年後に豚がアレルゲンに

バイトを辞めるとアトピーの症状はなくなりました。しかし、20年後に豚アレルギーとして再燃。豚が原因とは分からず長い間アトピーに苦しみました。年齢と共に免疫が落ちたためか?腸内環境の変化か?ストレスが原因か?切っ掛けはあったと思いますがアレルゲンは豚だったわけです。おそらく長い間、私が豚を口にするたび体は戦い続けていたのでしょう。防ぎきれなくなったアレルゲンに過剰に反応するようになったと感じます。これまで頑張ってくれた体をいたわり、食べ物に気遣ってあげなければと思っています。
私の場合は他にもアレルゲンがあったので一筋縄ではいきませんでしたが、アレルゲンがあるから症状が出ると気づけたことは希望の光となりました。年齢と共に体が衰えることは避けられません。私の経験から今まで食べても問題なかった食品が突然食アレルゲンが出るわけではないと感じます。本人にとっては突然でも体にとっては長い間アレルゲンと戦い続けてきた歴史があるわけです。少しでも反応に気が付いたら、一定期間食べないようにして様子をみてみてください。痒みがない状態で、その食べ物を食べてみてください。痒みが出たなら可能性があります。1度や2度は偶然もあるでしょう。何度か繰り返して自分の感覚で出かたを観察していきます。大人のアトピーはアレルゲンの戦いから解放してあげることで症状が治まります。

喘息など命に関わる症状ではないから自分で試すことが出来ます。私も最近チョコを食べてみましたが少量なら痒みの症状が出ないことが分かりました。何でも食べすぎは体によくないですね。


アトピー性皮膚炎ランキング

アトピー性皮膚炎は引き算

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患です。
シンプルに考えましょう。
アレルギーの元を引き算すればよいのです。

※これは私の例です。参考までに。アレルゲンは人それぞれに違いますし症状も違います。アナフィラキシーショックのような症状はありませんでした。

思いもよらない物がアレルゲンになっているものだと感じています。

アマニユ、えごま、ヨーグルト、DHA、EPAなどアトピーに良いと言われるものは試しましたが治りませんでした。アレルケアという8週間でアレルギー症状が改善するという商品も試しましたが私のアトピーには効果がありませんでした。何かを足せばよいわけではなく、 アレルゲンを引いていく。シンプルに足し算よりも引き算で考えましょう。

引ききれないものに執着しない。
ダニやストレスが主な原因と思い込まされないようにしましょう。
ダニ、ストレスがアトピーを悪化させることは確かですが、現代社会では完全に無くすことは不可能です。
対策を取っているのに効果がないのなら別の原因を考えましょう。

ダニ対策は毎日の掃除で十分です。アトピーがひどくなると目に見えないダニを徹底して探したくなります。私は顕微鏡を買って隅々までダニを探しました。ダニは光を嫌いますので暗くして数時間後に部屋の中を探すのがコツです。毎日掃除しているのでダニは時々見かける程度でした。この数で激烈な痒みが起きるとは思えませんでした。

ダニ以外に原因があると考える切っ掛けになりました。



アトピー性皮膚炎ランキング