大人が突然発症するアレルギー

先日、NHKの「ガッテン」で
「食べてないのに突然発症!?食物アレルギーの新常識」

が放送されました。

私の場合も同様の経緯がありました。自分では分からないし、医師にも気づいてもらえなかったことから長期間苦しむことになりました。

 

思い返せばマクドナルドや豚カツ屋でバイトをしていたことが原因にあります。最初は腕時計の金属アレルギーがありました。その状態で肉を焼いたりポテトを揚げたりしていたので一気にアレルギーの対象が増えたと考えられます。致命傷は豚カツ屋でのバイトで生肉を触ったことでした。豚カツを揚げている油の湯気で露出している部分が真赤になりました。揚場を離れて盛り付けをしましたが体の半分に湯気を浴び続けたことで顔の半分だけが真赤になりました。即日バイトを辞めて症状が改善したので日常を過ごしていましたが、30歳を過ぎたころに重症のアトピーとして症状が出ました。まさか、10年以上前のバイトが原因で豚アレルギーになっているとは考えもしませんでした。

食品を扱う職業の人に食品アレルギーを発症する場合が多いというのも頷けます。

コーヒーがなぜアレルゲンになったのか?考えられるのは手荒れです。特に右手の親指は慢性化していましたので、缶コーヒーを飲みながら車を運転するとコーヒーが垂れて親指につくことがありました。考えすぎなのか?と思いますがコーヒーや豚肉を止めるまでは手荒れが治ったことがありませんでした。アトピー症状が改善するとともに手荒れもなくなっています。

コーヒーを止めてからは手荒れがなくなりました。周期的に悪化する手の水泡は夜中に痒くて目が覚めるほどでしたので、水泡がなくなって本当に良かったと思っています。


アトピー性皮膚炎ランキング

 

手湿疹と手の水泡を治す

口から入るアレルゲンが原因

  • 歯の詰め物などの金属アレルギー
  • 缶コーヒーとコンビニコーヒー(安いコーヒー)
  • 原因不明(個人個人のアレルゲン)

原因不明の手湿疹にステロイドは効かない

手を酷使する水仕事をしている人が手湿疹に悩まされることは理解できます。その場合は軟膏も効くでしょう。手湿疹がある状態でゴム手袋を使い始めるとゴムアレルギーになります。患部がゴムと接触しないように注意が必要です。

しかし、手にダメージを与えていないのに手湿疹が出る場合はアレルギー反応です。手の水泡が治らない理由は常にアレルゲンを口から摂取していることにあります。主には歯の被せ物の金属が原因と言われることが多いです。背中にも難治性の湿疹があるようなら、ほぼ金属アレルギーで間違いないようです。歯科医に相談するとよいそうです。常にアレルゲンが供給されているのでステロイドや手湿疹軟膏も焼け石に水です。アトピー性皮膚炎と同様にアレルゲンを除く必要があります。

手湿疹の原因は安物のコーヒー

私もアトピーと平行して原因不明の手の水泡に悩まされました。缶コーヒーを飲まない日は手が痒くないので、缶コーヒが原因と考えました。止めると手湿疹が一時治りました。ところが缶コーヒーを飲んでいないのに手湿疹が再発しました。
原因はコンビニコーヒーでした。すべてのコーヒーがダメという訳ではありません。インスタントコーヒー、コンビニコーヒーは手湿疹を悪化させました。喫茶店のコメダ、ドトールのコーヒーは手湿疹が出ません。体験から得た結論として安物のコーヒーはアトピーを悪化させて手湿疹になります。
手に現れる水泡は個人個人に原因があると思われます。何を食べた時、口にしたとき、何を触ったときに反応が出るか注意深く観察しておく必要があります。

大人アトピーの人は缶コーヒーが大好き?

 

大人アトピーの人の生活習慣を見ていると缶コーヒーを飲んでいる人が多いように感じます。私も朝夕1缶を飲んでいました。そのダメージが年齢を重ねるごとに蓄積していたようです。缶コーヒーは混ぜ物が多く体に負担をかけています。免疫が過敏なアレルギー体質の人には手に余る代物と考えましょう。きっぱりと止めてしまうとアトピーが軽減するかもしれません。


何よりも適度に良い豆を使ったコーヒーを楽しみましょう。


アトピー性皮膚炎ランキング