アトピーは原因不明でも希望はあります

原因不明だからこそ

アトピーが現代人に増えた理由は様々言われています。しかし、今だに原因不明だということを忘れてはいけません。自己免疫疾患の種類はたくさんあります。分かっていないことがたくさんあります。アトピーだけを見ても、「原因はこれだ」と言い切るには十分な情報があるわけではありません。

医者は現段階で分かっている範囲で安全に治療を進めていきます。
私が幼いころはアトピーはハウスダストが原因だと言われていましたが
今はアトピー体質の人は皮膚のセラミドが足りないためだと言われます。
アレルギーの除去と並行してスキンケアを推奨します。
これからも状況は変わっていくものと思います。柔軟に対応する必要があります。
それを裏付けることとして私はスキンケアの保湿剤がアレルギーのもとになりました。
医師に相談したところ「保湿が大事なので続けてください」とアドバイスされました。
自分で気が付いて保湿を止めると広範囲の炎症が治まりました。
特に顔に塗っていた保湿剤が目に入ってアレルギー性結膜炎になったのは辛かったです。

誤解してはいけないのは医者が悪いわけではありません。
免疫は難しくアポロが月に行ったころは、まだT細胞の存在も分かっていませんでした。
それほど難しい分野だと分かります。それからすると随分と進歩していると言えます。

私のアトピーは重症レベルで内服は効果なくステロイドも効かない状態でした。

ステロイドや内服量よりもアレルゲンの摂取量が多く反応を抑えきれなかったと考えられます。
アレルゲンの摂取に気をつけてからは内服とステロイドで十分に症状が抑えられます。

今は自分のアレルゲンを1つ1つ知っていく段階で内服もステロイドも必要ない状態です。

内服とステロイドを正しく使いましょう

ステロイドを医師の言う通りに使用すればアトピーが治る場合があります。
それは私のように重度ではない場合です。
アレルギー反応は十分に火消しをしれば再燃しにくい特徴があります。
現在のアトピー治療のガイドラインは正しいものです。
マッチ1本の火種が残るだけでも山火事が起きるように、炎症が完全に消えるまで内服とステロイドを使用することを医師は指導します。しかし、ステロイドに対する偏見が強く少ししか塗らず漫然とした治療となるケースや、症状が治まったところで自己中断して再燃するケースが多々あるようです。慢性化するアトピーをステロイドのせいだと思い込む人もいますので、そうした話がさらにステロイドへの恐怖をあおっています。

自分のアレルゲンを知ること

「アレルギーを持つ人は必ず何かしらのアレルゲンがある。それを除けば治る。」
自分の体に問いかけ続けて原因を1つ1つ除くことで軽快しています。
アトピーは一人ひとりに原因が違います。
私はもちろん、誰かのケースがピタリと当てはまることはありません。
私のように豚肉がダメという人は珍しいと思います。

知識を深めたところで個人レベルの原因を追究することはできません。極論を言えばアトピー治療に免疫に詳しくなる必要はありません。「どんなときに痒くなるのか?何を食べたら痒くなるのか?」を振り返ることが治療のカギとなります。

大切な時間を無駄にしないためにも目的を見失ってはいけません。

誰かのアドバイスに振り回されない

私も「食べ物に気をつけなさい。野菜を食べたらいいだよ。」など
出会う人に散々言われてきましたが

人一倍野菜は食べますし、不摂生はしていませんでした。
アトピーはストレスが原因と言われますが
特にストレスが多かったわけではありません。

一般論に耳を傾けることも大切です。
しかし、自分に当てはまらないものを気にすることはありません。

アトピーになる理由は分からなくても
自分のアレルゲンを見つけることは医学知識を深めるよりも簡単に出来ます。

そもそも、日々触れたり食べたりしている物ですから、毎日、目にしている物の中から探せよいのです。実は体に良いと思って食べていたものが原因にあたることがあります。例えば、私は野菜不足を補うためにトマトジュースを飲んでいましたが皮膚によくないことが体験的に分かりました。腸内環境を調えるためだったのに逆効果だったわけです。トマトはナス科です。ナス科はあくが強く肌によくない食べ物と言われています。もちろん、大丈夫な人がほとんどでしょう。自分の症状に応じて判断しましょう。


アトピー性皮膚炎ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください