メニュー 閉じる

気づきにくい乳製品アレルギー

後からくる食物アレルギー

食物アレルギーだと気づかずアトピー体質と諦めている人は大勢いるように感じます。私もその一人でした。皮膚科では「〇〇を食べると痒くなる」と自己申告しないと食物アレルギーとは言ってくれません。皮膚症状だけを見て「アトピーですね」と言われるだけです。
だから、食物アレルギーだと考えもしません。

昨日食べたものを細かく覚えてますか?
一晩たてば忘れてしまっても仕方がないですよね。
それが3日前の食事だったらもっと分からないですよね。
そんな中で激しい痒みの原因が数日前の食事にあると誰が思うでしょうか。
食物アレルギーの痒みは激しい痒みの後チクチクした痒みへと尾を引きます。私の経験からは1週間は続きます。良くなったり悪くなったりするアトピーの特徴的な症状はアレルゲンの摂取(または触れる)状況によって変化するからです。

牛乳アレルギーは見つけにくい

私は様々な食べ物がアレルゲンになっています。豚、エビ、カニ、カカオ、ピーナッツ、アーモンド、コーヒー、トマト、酸化した油、食べ物以外では、羽毛、ダニなども刺激になります。これだけ見つけ出しても、まだ痒みが出ることがあります。いったい何が原因なのか?

結論を言えば牛乳アレルギーです。答えを見つけるのは簡単ではありませんでした。私はコップ1杯では症状はが出ないからです。料理で使っても問題ありません。アナフィラキシーのようなアレルギー症状が出る人は本当に気の毒だと思います。

 

問題はチーズです。チーズは牛乳成分が濃縮されているため食べすぎるとアレルギー症状が出やすいようです。特にピザは美味しいので食べ過ぎてしまいます。許容量を超えた量の乳製品を摂取してしまうと、数日間は少しでも乳製品をとると症状が出やすくなります。一定量を超えて食べなければ症状は出ないので、痒みがなくなってしまえば少量の乳製品をとっても問題ありません。痒みが出ているときは体は警戒している状態と考えます。アレルゲンとなっている食品を取らないようにしなくてはいけません。とは言っても、うっかり食べてしまうんですよね。あくまでも、私のように軽度の乳製品アレルギーがある人は参考になると思います。


アトピー性皮膚炎ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください