豚アレルギーになった原因

手荒れで食材に触れては危険!!

豚アレルギーのなった理由は豚カツ屋でのバイトです。20年以上前の話になります。豚の生肉にパン粉をつけて揚げていました。休みなく働いたので手荒れが続きました。揚げ油を使うので手袋は出来ません。その状態で豚を触ったことが豚アレルギーnになったと思います。ある日突然、半袖のユニホームの肌が露出している部分だけが真赤になりました。豚の生肉を触っただけでなく、悪化させた要因に油の湯気が関係していると思います。熱せられた油は酸化します。酸化した油が体によくないことは様々な本に書かれています。そのような環境で毎日16時間過ごしていたのですから体に良いわけもなく、若いとはいえ働きすぎて疲労の蓄積もあったでしょう。

20年後に豚がアレルゲンに

バイトを辞めるとアトピーの症状はなくなりました。しかし、20年後に豚アレルギーとして再燃。豚が原因とは分からず長い間アトピーに苦しみました。年齢と共に免疫が落ちたためか?腸内環境の変化か?ストレスが原因か?切っ掛けはあったと思いますがアレルゲンは豚だったわけです。おそらく長い間、私が豚を口にするたび体は戦い続けていたのでしょう。防ぎきれなくなったアレルゲンに過剰に反応するようになったと感じます。これまで頑張ってくれた体をいたわり、食べ物に気遣ってあげなければと思っています。
私の場合は他にもアレルゲンがあったので一筋縄ではいきませんでしたが、アレルゲンがあるから症状が出ると気づけたことは希望の光となりました。年齢と共に体が衰えることは避けられません。私の経験から今まで食べても問題なかった食品が突然食アレルゲンが出るわけではないと感じます。本人にとっては突然でも体にとっては長い間アレルゲンと戦い続けてきた歴史があるわけです。少しでも反応に気が付いたら、一定期間食べないようにして様子をみてみてください。痒みがない状態で、その食べ物を食べてみてください。痒みが出たなら可能性があります。1度や2度は偶然もあるでしょう。何度か繰り返して自分の感覚で出かたを観察していきます。大人のアトピーはアレルゲンの戦いから解放してあげることで症状が治まります。

喘息など命に関わる症状ではないから自分で試すことが出来ます。私も最近チョコを食べてみましたが少量なら痒みの症状が出ないことが分かりました。何でも食べすぎは体によくないですね。


アトピー性皮膚炎ランキング

皮膚の再生を早める

アトピー性皮膚炎でダメージを受けた皮膚の再生には時間がかかります。

10代や20代であれな1ヶ月程度で治ったものが40代になると半年以上ダメージが残ってしまうようになります。さらに長年患ったアトピー性皮膚炎の色素沈着は簡単に消えることはありません。

レーザーやピーリングを行うにしてもアトピー性皮膚炎の敏感な肌では問題が起こりかねません。施術する先生の技量や体質によっても効果はまちまちです。

ヨクイニンで皮膚の奥から再生

人は元来治癒力を持っています。治癒力を高めることで皮膚の奥から再生を促すことが望ましいように感じます。ヨクイニンは漢方薬です。ヨクイニンはハトムギの皮を剥がした自然の成分です。副作用は起きにくいとされます。実際に私も服用していますが副作用はありません。一般的に水いぼの症状に使われることで広く認知されています。アトピー性皮膚炎の炎症を抑える効果はありませんが、炎症が治まった後の皮膚再生には抜群に良い働きをしてくれます。

ヨクイニンは粉末の物もありますが飲みにくいのでタブレットがお勧めです。毎日飲み続けることで効果が出てきます。タブレットなら小分けにして持ち歩けますので、出先で飲むことが出来ます。用法として食前に飲むことをお勧めします。飲み忘れて食べ始めても食間に飲めばよいからです。続けることでザラザラだった肌がツルツルに蘇ってきます。

現代の日本人は知らない間に知らない間に粗悪な油を食べています。この話は長くなるので今後まとめることにします。ここで伝えたいことは粗悪な油が健康な皮膚サイクルの妨げとなっているということです。首のブツブツや皮膚のザラザラは気づかずに悪い油を食べてきた結果です。アトピー性皮膚炎になると皮膚サイクルが乱れて老廃物が溜まりやすくなります。慢性化すると治りにくい理由の一つです。良い油に切り替えたらアトピーが治る人もいます。アトピーの症状は十人十色と言えます。

首や顔、デコルテなどのイボ、角質のポロリケア♪クリアポロン

アトピー後の皮膚ダメージはヨクイニンを摂取することで改善していきますが、ヨクイニンの含まれたクリームを使うことで皮膚症状を改善させることも出来ます。ただし、炎症や傷があるときは使用しないようにしてください。自分のアトピーの原因になっているアレルゲンを除いて皮膚の炎症が治まった後で使用しましょう。すべすべの肌になります。クリアポロンは初回67%OFFとお試しが出来ます。180日の返金保証もついています。



アトピー性皮膚炎ランキング

大人が突然発症するアレルギー

先日、NHKの「ガッテン」で
「食べてないのに突然発症!?食物アレルギーの新常識」

が放送されました。

私の場合も同様の経緯がありました。自分では分からないし、医師にも気づいてもらえなかったことから長期間苦しむことになりました。

 

思い返せばマクドナルドや豚カツ屋でバイトをしていたことが原因にあります。最初は腕時計の金属アレルギーがありました。その状態で肉を焼いたりポテトを揚げたりしていたので一気にアレルギーの対象が増えたと考えられます。致命傷は豚カツ屋でのバイトで生肉を触ったことでした。豚カツを揚げている油の湯気で露出している部分が真赤になりました。揚場を離れて盛り付けをしましたが体の半分に湯気を浴び続けたことで顔の半分だけが真赤になりました。即日バイトを辞めて症状が改善したので日常を過ごしていましたが、30歳を過ぎたころに重症のアトピーとして症状が出ました。まさか、10年以上前のバイトが原因で豚アレルギーになっているとは考えもしませんでした。

食品を扱う職業の人に食品アレルギーを発症する場合が多いというのも頷けます。

コーヒーがなぜアレルゲンになったのか?考えられるのは手荒れです。特に右手の親指は慢性化していましたので、缶コーヒーを飲みながら車を運転するとコーヒーが垂れて親指につくことがありました。考えすぎなのか?と思いますがコーヒーや豚肉を止めるまでは手荒れが治ったことがありませんでした。アトピー症状が改善するとともに手荒れもなくなっています。

コーヒーを止めてからは手荒れがなくなりました。周期的に悪化する手の水泡は夜中に痒くて目が覚めるほどでしたので、水泡がなくなって本当に良かったと思っています。


アトピー性皮膚炎ランキング

 

アズノールがアレルゲンになる理由

皮膚炎にアズノールは良く効く

アトピー性皮膚炎にアズノールが処方されることがあります。ブルーの軟膏でチューブやカップで渡されます。病院によってはステロイドを混ぜて出されることもあります。軽度のかぶれや乾燥肌に塗ると効果は絶大で2日から3日で治ります。優しい軟膏で赤ちゃんにも使えます。ただし、目に使用することは出来ません。軽度のアトピーや皮膚炎にはアズノールはよく効きます。

 

アズノールが炎症の原因になることも

重度のアトピー性皮膚炎で過敏になっている皮膚に塗るとアレルゲンとして認識してしまうことがあります。また、顔に塗る場合は目に入らないように注意が必要です。目に入ると炎症を起こします。アズノールに過敏になると、腕に塗ったアズノールを手で触れて目を擦っただけでも目が真赤になります。少量でも目に痒みが出ます。
アズノールを塗っているのに皮膚が赤黒くなっているようならアズノールが炎症の原因になっている可能性があります。良い薬でも副作用のない薬はありませんので、オブラートに言えば「皮膚に合っていない」とも表現出来ます。速やかな保湿剤の変更が必要です。皮膚科医も見落としていることがあります。

掻き傷に塗ってアレルゲンになる物は他にもあります。

化粧水
保湿剤
オリーブオイル
ホホバオイル
アーモンドオイルなどです。

どんなに保湿しても治らない原因は保湿剤かもしれません。体全体に赤みがあるのなら可能性が高いです。傷がある箇所には保湿剤を使用しない方がよいと言えます。アズノールが効く人もいればワセリンが効く人もいると言えます。私の経験からワセリンは傷に塗っても問題ありません。自分の症状をよく観察しておくことが大切です。ときに、保湿を止めるとアトピーが軽減したという話を耳にします。おそらく、化粧水や保湿剤がアレルゲンになっていた可能性があります。


アトピー性皮膚炎ランキング

アトピー性皮膚炎は引き算

アトピーはアレルギー疾患ということは?


アレルギーのもとを引き算すればOK

※これは私の例です。参考までに。アレルゲンは人それぞれに違いますし症状も違います。

痒いということは必ず理由があります。アトピー体質という言葉で片付けられるので、体質改善を意識してしまいます。アトピーの人は必ず原因になっている食べ物や接触している物があります。気が付いていないだけなのです。思いもよらない物がアレルゲンになっています。

アマニユ、えごま、ヨーグルト、DHA、EPAなどアトピーに良いと言われるものは試しましたが治りませんでした。アレルケアという8週間でアレルギー症状が改善するという商品も試しましたが私のアトピーには効果がありませんでした。むしろ、乳製品のアレルギーがあったのでアレルゲンとなっていました。アトピーは体に良いものを取れば良いと考えがちです。足すのではなく引く。この考え方が大事です。アトピーが軽減、改善してから体質改善すれば完全に治ります。体質改善についてはひまし油湿布がおすすめです。

対策を取っても効果がないときは別の原因を考えましょう

アトピーはダニやストレスが主な原因と言われます。ダニ、ストレスがアトピーを悪化させることは確かですが、現代社会では完全に無くすことは不可能です。でも大丈夫です。そもそもの原因ではないからです。切っ掛けや要因に過ぎません。炎症がなくなれば反応しなくなります。

ダニ対策は毎日の掃除で十分です。アトピーがひどくなると目に見えないダニを徹底して探したくなります。私は顕微鏡を買って隅々までダニを探しました。毎日掃除しているのでダニは時々見かける程度でした。この数で激烈な痒みが起きるとは思えませんでした。


アトピー性皮膚炎ランキング

汗で痒みの元を外に出す

子供のころアトピーを治すために近所のおばさんに勧められて漢方を飲みました。漢方は独特の臭いで子供には辛いものでした。ところが漢方を飲んでも効果はありませんでした。「最初は症状がきつく出るかもしれないけど毒素を出し切るためだから」「毒素を出し切ったらよくなる。」そのように言われましたが改善することはありませんでした。毒素を出し切るとは?どういうことだったのか?

アトピー性皮膚炎を治すためにアレルゲンを除去しても痒みが直ぐになくなるわけではありません。皮下に長年の痒みの元がたまっているからです。外に押し出すために運動で汗をかく必要があります。運動が苦手な人はサウナでも良いと思いますが、効果的に痒みの元を出すには、十分に心拍をあげて筋肉を収縮させて老廃物を出す必要があります。

 

激しい運動やランニングが苦手な人はサウナスーツを着て腕を大きく振って速いペースで30分から1時間歩くと十分な効果があります。筋肉を大きく動かして沢山の汗を流すことがポイントです。

漢方でいう毒素を出し切る行為は、アトピー性皮膚炎の症状を考えると汗をかくことがベストだと言えます。最初は汗をかくだけで激烈な痒みが出てきます。汗で炎症物質が皮膚表面に出てくるからでしょう。
汗をかくと痒みが増すのでアトピーに大敵だと思われていますが、痒みの元を外に出していると考えると汗が良いものだと分かります。

運動後はすぐにシャワー浴で汗流して保湿をします。痒みがひどいときはステロイドを十分に塗ります。痒いのに我慢することはありません。掻き傷をつくり細菌が繁殖する方が皮膚へのダメージが大きくのこります。

アレルゲンを除いて汗をかく運動を繰り返すことで、痒みは少しずつ取れていきます。

最終的には汗をかいても痒みが出なくなっていきます。

※運動をしすぎると負担が増えます。長距離ランニングは免疫が弱りアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。


アトピー性皮膚炎ランキング

ステロイドのリバウンドの誤解

黄リン(おうりん)というものを知っていますか?空気に触れるだけで自然発火する物質です。燃えている黄リンに水をかけて温度を50℃以下にすると消えます。ところが、空気に触れていると温度が徐々に上がり自然発火します。黄リンが自然発火しないようにするには水につけて保管する必要があります。

アトピー性皮膚炎にステロイドを塗ることは黄リンを水で保管することに似ています。

ステロイドでアトピーを抑えている状態です。ステロイドを止めると再燃することは当然です。ステロイドが悪者になりがちですが悪いのはアレルゲンです。

ステロイドは火(=炎症)を消すために必要なものです。同時に可燃物(=アレルゲン)を除いていかないと火はまた燃えあがります。アレルゲンを除かなければアトピーは治らないという私の体験から言えることです。

ステロイドは炎症を抑えますが、細菌が繁殖しやすくなります。長期の連用は避ける必要があります。何よりも医師の指示に従い正しく使用する必要があります。


何よりもステロイドを使って早めに炎症を抑えることが大事です。
ストロイドが万能でないことは医師も良く知っています。ステロイドの使用量を減らすためにアトピー症状を和らげる保湿を勧めています。

中途半端な量を使っても効果がありません。塗り方は医師の指示に従って使うことが大切です。

ステロイドで炎症を抑えていると同時にアレルゲンを特定して除去していく必要があります。アレルゲンが供給されている限り、ステロイドを止めるとアトピーが再燃します。ステロイドでリバウンドしていると誤解されますがステロイドが悪いわけではありません。悪いのはアレルゲンです。


アトピー性皮膚炎ランキング

ショートニングとアトピー性皮膚炎

ショートニングは肌を老化させる。

ショートニングは様々な食品に入っています。菓子パン、洋菓子、ファーストフードなど。気にしなければ毎日食べています。直接的な毒物ではありませんが長い目でみれば血管を老化させることは広く知られています。血管の老化は毛細血管から始まります。毛細血管の老化は皮膚の老化を意味します。出来る限り口にしない方がよいものと言えます。皮膚の老化は乾燥しますのでアトピーを悪化させます。個人の感想ですが、ショートニングを食べるようになったことでアトピーが世の中に増えたのでは?と考えています。もちろん、他にも要因があると思います。

ショートニングが皮下にたまる?

アトピー性皮膚炎の症状に皮膚が厚くなったり、痒みを伴う小豆大のしこりが出来ることがあります。小豆大のしこり(丘疹)が出来ると何か月も治りません。

アトピー性皮膚炎の丘疹

関節の皮膚の薄い部分を蛍光灯で透かしてみると、何か白いものが溜まっていることに気が付きました。爪で掻きだすと消しゴムの破片の硬さくらいの塊が出てきました。どうして?このような物ができるのか?最初は膿がたまっているのかと思っていました。ある日、マクドナルドのポテトを食べました。翌日から白い塊が増え始めました。痒みも倍増です。
仮説としてフライドポテトはショートニングで揚げています。小豆大のしこり(丘疹)はショートニングが影響しているのではないか?そのように考えて徹底してショートニングを取らないようにしました。
仮説は的中しました。手軽な菓子パン、大好きだったクッキーもビスケットも食べないようにした結果、3か月ほどで小豆大の丘疹(しこり)は出なくなりました。よく皮膚を観察すると汗腺にも同じような物がつまっていることに気づきました。皮脂の分泌も妨げている可能性もあります。ショートニングを省いたことで毛穴の炎症も減りました。私の感覚では体のあちこちにショートニングはたまるのではないか?と感じます。何しろショートニングを除いただけでベースの体重が2kg減りました。食べている量は変わっていません。

丘疹なし

アレルゲンを除いていた効果もありますが、ショートニングが皮膚の正常な働きを妨害していたことは確かです。乾燥する皮膚になりアトピーの症状が出やすくなると感じます。食品の原材料に必ずショートニングは表示されています。スーパーで売っているケーキや安いケーキには必ずショートニングが入っています。高くても品質が確かなケーキ屋さんで買うようにしています。
アトピーの丘疹を治したいならショートニングを食べないようにしましょう。


アトピー性皮膚炎ランキング

 

手湿疹と手の水泡を治す

口から入るアレルゲンが原因

  • 歯の詰め物などの金属アレルギー
  • 缶コーヒーとコンビニコーヒー(安いコーヒー)
  • 原因不明(個人個人のアレルゲン)

原因不明の手湿疹にステロイドは効かない

手を酷使する水仕事をしている人が手湿疹に悩まされることは理解できます。その場合は軟膏も効くでしょう。手湿疹がある状態でゴム手袋を使い始めるとゴムアレルギーになります。患部がゴムと接触しないように注意が必要です。

しかし、手にダメージを与えていないのに手湿疹が出る場合はアレルギー反応です。手の水泡が治らない理由は常にアレルゲンを口から摂取していることにあります。主には歯の被せ物の金属が原因と言われることが多いです。背中にも難治性の湿疹があるようなら、ほぼ金属アレルギーで間違いないようです。歯科医に相談するとよいそうです。常にアレルゲンが供給されているのでステロイドや手湿疹軟膏も焼け石に水です。アトピー性皮膚炎と同様にアレルゲンを除く必要があります。

手湿疹の原因は安物のコーヒー

私もアトピーと平行して原因不明の手の水泡に悩まされました。缶コーヒーを飲まない日は手が痒くないので、缶コーヒが原因と考えました。止めると手湿疹が一時治りました。ところが缶コーヒーを飲んでいないのに手湿疹が再発しました。
原因はコンビニコーヒーでした。すべてのコーヒーがダメという訳ではありません。インスタントコーヒー、コンビニコーヒーは手湿疹を悪化させました。喫茶店のコメダ、ドトールのコーヒーは手湿疹が出ません。体験から得た結論として安物のコーヒーはアトピーを悪化させて手湿疹になります。
手に現れる水泡は個人個人に原因があると思われます。何を食べた時、口にしたとき、何を触ったときに反応が出るか注意深く観察しておく必要があります。

大人アトピーの人は缶コーヒーが大好き?

 

大人アトピーの人の生活習慣を見ていると缶コーヒーを飲んでいる人が多いように感じます。私も朝夕1缶を飲んでいました。そのダメージが年齢を重ねるごとに蓄積していたようです。缶コーヒーは混ぜ物が多く体に負担をかけています。免疫が過敏なアレルギー体質の人には手に余る代物と考えましょう。きっぱりと止めてしまうとアトピーが軽減するかもしれません。


何よりも適度に良い豆を使ったコーヒーを楽しみましょう。


アトピー性皮膚炎ランキング

布団と枕を防ダニ使用に

パイプストロー素材はダニの温床です。

パイプストロー素材の枕にダニが寄り付かないイメージです。ところが、頭のフケや落屑がパイプの静電気に引き寄せられます。特にストローの中にたまっています。洗ってもストローの中まできれいに流すことは出来ません。ダニの温床になっていることがあります。
安眠のためには枕選びは重要です。自分に合った枕を使用したいところです。枕の選択は自由で構いません。パイプストローが良いならそれでも良いです。しかしながら、枕カバーは下に案内しているディーガードを使った方がよいです。ディーガードの枕カバーはダニのエサとなる落屑やアカを通しません。枕の中でダニが繁殖出来ない環境が保てるわけです。呼吸からハウスダストを吸い込まないために頭や顔に密着する枕の防ダニ対策は必須です。ダニはベッドの頭の方に集まりやすい傾向があります。枕の防ダニ対策はあなどれません。

布団の深部のダニは駆除できない。

残念ながら布団には必ずダニがいます。布団に掃除機をかけても表面のダニしか取れません。それでも毎日の掃除は大事です。ダニの糞や死骸を除くことでアレルギー症状は緩和されます。布団乾燥機をしてもダニは動きますので熱くならない部分に逃げていきます。ダニ対策で大事なのは布団の中にダニのエサになる落屑やアカを入れないことです。ダニが入っても増えることが出来ません。ディーガードはダニのエサを布団の中に侵入させない製品です。表面からのダニの侵入は出来ませんが、縫い目からダニが布団の中に入ったとしても繁殖出来ません。


生地表面からのダニ通過率0%の布団
超極細繊維を高密度に織り上げ、ダニなどが侵入せず、
衛生状態を保ってくれるので、赤ちゃんや肌の弱い方にも安心
5年間は無償で修理、交換できる保証付

【ディーガード】公式サイトはコチラ


アトピー性皮膚炎ランキング