メニュー 閉じる

食物アレルギーが子供に多い理由

大人は食物アレルギーに気が付きにくい

食物アレルギーが子供に多い理由は親が注意をして発見しやすいことが言われています。大人は食物アレルギーと疑わない限り原因が分からず医者も判断出来ないものです。食物アレルギーと感じたら専門医に相談することが良いです。何を食べて症状が出るのか?日記をつけるように指導されることもありますが、私の経験から食事は毎日のことですから特定は難しいものです。随分とアレルゲンを見つけましたが、それでも原因が分からない痒みが出ることがあります。外食は何が入っているか特定しずらいものですから、食物アレルギーを疑ったときは自分で調理した物を食べることをお勧めします。自炊すると肌の調子が良くなったりします。外食や惣菜、インスタント類は添加物が沢山入っています。産地も表示義務がありませんので利益を上げるために安い原料で作ることは当然のことです。アレルゲンだけでなく増悪因子が体に入ってくるだけでも痒みが出てきます。増悪因子はそれ自体でアレルギー反応を起こすわけではありませんが、少しでも火種があると痒みを増強させるものです。アレルゲンの特定を困難にしている原因とも言えます。