メニュー 閉じる

トマトは食べてはいけない

トマトは皮膚が健康な人は食べて大丈夫です。アトピーや何らかの皮膚のトラブルがある場合トマトなどナス科の食品は食べてはいけません。

トマトジュースを飲むと痒い

テレビの健康番組を切っ掛けにトマトジュースを飲み始めました。ところが明らかに痒みが強くなりました。トマトジュースを止めると治まります。気のせいだったかな?と飲むと痒くなります。なぜ?トマトアレルギーなのか?ですがアレルギーのような痒みでなく乾燥するようなヒリヒリした痒みでした。とりあえず痒いのでトマトは取らないようにしました。

ナス科の植物は皮膚に悪い

最近、エドガー・ケイシーの本を読むと皮膚の病気がある人はナス科の植物を食べてはいけないと書かれていました。驚くことにエドガー・ケイシーは豚肉は食べてはいけないと言っています。私が豚肉を食べると痒くなる体験と一致しています。皮膚に何らかのトラブルがある人はナス科の食べ物は避けるようにした方がよいでしょう。ちなみに、豚は脂の部分が特にだめだそうですよ。ラーメンの背油入り美味しくて好きだったんですけどね。

ナス科の植物とは?

トマト、ナス、ピーマン、ジャガイモ、唐辛子等です。厳密に守るのは難しいでしょう。特にジャガイモは献立に上げやすいですから。トマトジュースを毎朝飲むなど同じ食品を間隔を空けずに取らないようにすればよいと思います。経験的な話ですがナス科の食品を食べると、大人アトピーの症状で困る顔が一番痒くなるんですよね。ナス科が食卓に出されたときは残すようにしています。


アトピー性皮膚炎ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください