大人が突然発症するアレルギー

先日、NHKの「ガッテン」で
「食べてないのに突然発症!?食物アレルギーの新常識」

が放送されました。

私の場合も同様の経緯がありました。自分では分からないし、医師にも気づいてもらえなかったことから長期間苦しむことになりました。

 

思い返せばマクドナルドや豚カツ屋でバイトをしていたことが原因にあります。最初は腕時計の金属アレルギーがありました。その状態で肉を焼いたりポテトを揚げたりしていたので一気にアレルギーの対象が増えたと考えられます。致命傷は豚カツ屋でのバイトで生肉を触ったことでした。豚カツを揚げている油の湯気で露出している部分が真赤になりました。揚場を離れて盛り付けをしましたが体の半分に湯気を浴び続けたことで顔の半分だけが真赤になりました。即日バイトを辞めて症状が改善したので日常を過ごしていましたが、30歳を過ぎたころに重症のアトピーとして症状が出ました。まさか、10年以上前のバイトが原因で豚アレルギーになっているとは考えもしませんでした。

食品を扱う職業の人に食品アレルギーを発症する場合が多いというのも頷けます。

コーヒーがなぜアレルゲンになったのか?考えられるのは手荒れです。特に右手の親指は慢性化していましたので、缶コーヒーを飲みながら車を運転するとコーヒーが垂れて親指につくことがありました。考えすぎなのか?と思いますがコーヒーや豚肉を止めるまでは手荒れが治ったことがありませんでした。アトピー症状が改善するとともに手荒れもなくなっています。

コーヒーを止めてからは手荒れがなくなりました。周期的に悪化する手の水泡は夜中に痒くて目が覚めるほどでしたので、水泡がなくなって本当に良かったと思っています。


アトピー性皮膚炎ランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です